長崎市 6月末~16歳以上に接種券発送 集団接種会場を拡大 夜間も接種へ

この記事をシェア

  • LINE
長崎2021.06.11 22:27

新型コロナウイルスワクチンの接種について、長崎市は今月末から16歳以上の対象者全員に対して接種券の発送を始めることを明らかにした。また、接種の加速を図るため集団接種の会場を拡大し夜間の接種も行う。
          
長崎市の田上市長は市議会の本会議で64歳以下への新型コロナウイルスワクチンの接種券の発送を6月末にも始める方針を明らかにした。7月中旬までに16歳以上の対象者約19万4000人全員に届く予定だという。接種は60歳から64歳の人や基礎疾患のある人に加え、小中学校の教職員や保育士など子どもが集まる場所に関わるスタッフ、障害者施設の入所者、訪問・通所介護の従事者を優先して実施。7月上旬から予約を始める。その他の市民については8月頃から予約を始める予定。また、現在進められている65歳以上を対象にした接種ではさらなる加速を図るため集団接種の会場を追加。6月27日の週から浜町のS東美5階ホールと長崎大学文教キャンパスを加え、全部で8会場となる。さらに市民会館など3会場では午後8時まで接種時間を延長。個別接種を行う医療機関にも日曜日などの接種実施について依頼しているという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース