認証店限定の食事券&県民対象の宿泊割引 15日から開始 新型コロナ経済対策で宮城県が発表

この記事をシェア

  • LINE
宮城2021.10.11 18:35

県は新型コロナの経済対策として認証店限定の食事券と県民対象の宿泊割引を15日から始めると発表しました。

これは11日の知事会見で発表されたものです。「認証店おうえん食事券」は1万円で購入し1万2000円分の食事ができるもので県のコロナ対策認証店のうち参加する約1400店舗で利用可能です。今月15日から県内のスーパーなど200か所で販売が始まり合計60万冊が販売予定です

一方、「県民対象の宿泊割引」は1人1泊5000円を上限に割引するものです。県内の約300の宿泊施設で今月15日のチェックインから12月31日までのチェックアウトが対象となります。また利用者には土産物店などで使えるクーポン券が1人1泊あたり最大2000円分が配られるということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース