仙台 福島原発事故の帰還困難区域を伝える写真展

この記事をシェア

  • LINE
宮城2021.02.21 12:09

2011年3月の東京電力福島第1原発事故で帰還困難区域として立ち入りが制限されている福島県の飯舘村長泥地区と浪江町津島地区の現状を伝える写真パネル巡回展「帰還困難区域に生きる」が青葉区の仙台市福祉プラザで開かれている。2月23日まで。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース