県知事選挙前に選管リハーサル 「選挙事務はミスが許されない」 届け出順はくじ引き 七つ道具も

この記事をシェア

  • LINE
宮城2021.10.13 18:32

任期満了に伴う知事選挙が14日告示されます。県庁では立候補受け付けのリハーサルが行われました。

リハーサルには選挙管理員会の職員28人が参加し立候補者役も登場します。届け出順は袋に入れたくじを一斉に引いて決定。そして書類に不備がないかを入念に確認します。

届け出が受理されると街頭演説で使う腕章や選挙事務所に掲げる標札などいわゆる選挙の7つ道具が渡されます。

県選挙管理委員会 諸星久美子事務局長
「選挙事務はミスの許されないので、慎重に細心の注意を払いながら進めていきたい」

知事選挙にはこれまでに現職と新人の2人が立候補を表明していて衆議院選挙と同じ31日に投開票が行われます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース