夏は枝豆→秋に乾燥「大豆」塩釜市の園児が味噌醤油の醸造元で収穫体験「いっぱいとった!」宮城

この記事をシェア

  • LINE
宮城2021.10.13 19:06

塩釜市にある味噌と醤油の醸造会社で地元の園児が原材料となる大豆の収穫を体験ました。

創業170年を超える味噌と醤油の醸造元を訪れ、大豆の収穫を体験したのは「うみまち保育所」の園児たちです。

春に植えた大豆は夏には枝豆へと成長、そして秋になると乾燥して割れた房の中に…「大豆!」

園児
「いっぱいとった!」「1,2,3,4,5!」「枝豆!?」

この収穫体験はコロナ感染拡大で中止となった塩釜市での全国醤油サミットの一環として企画されたものでイベントは中止となりましたが、今後、子どもたちは味噌と醤油づくりも体験する予定です。

太田与八郎商店 太田真さん
「食べ物っていうのが大豆一つを植えたことによってこれだけ収穫できるんだっていうJ手で触る、見ることによってどんな状態で食べ物ができあがるのか分かっていただければ」

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース