列車内の痴漢・盗撮の根絶目指し防犯キャンペーン・仙台市

この記事をシェア

  • LINE
宮城2021.06.10 11:57

列車内での痴漢や盗撮被害の根絶を目指して10日朝、仙台市内の地下鉄の駅で防犯キャンペーンが行われました。

警察官
「痴漢被害防止活動やっております」

けさ太白区の地下鉄長町駅では警察や防犯協会のメンバーが通勤通学客に被害防止を呼びかけました。去年、県内では列車や駅構内での検挙件数は28件となっています。

県警では・混雑するドア付近に立たない・バッグで体をガードするなどの対策のほか周囲の人には見て見ぬふりをせず助けることを呼び掛けています。

仙台南警察署では毎月10日を「痴漢、盗撮被害ゼロ強化日」として駅構内や列車内の警戒を強化しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース