仙台〝看護師の飲料に向精神薬〟元同僚(53)を逮捕 容疑否認

この記事をシェア

  • LINE
宮城2022.01.12 18:55

傷害の疑いで逮捕されたのは若林区大和町の無職・柴崎みどり容疑者(53)です。警察によりますと柴崎容疑者は去年10月9日、当時勤務していた若林区内の病院で54歳の看護師の女性のペットボトル飲料に向精神薬などを混入させ眠気などの意識障害を負わせた疑いが持たれています。女性看護師が「仕事中に睡魔に襲われる」などと警察に相談し発覚したもので警察は証拠品の鑑定などから逮捕しました。柴崎容疑者は「なにもしていません」と容疑を否認しているということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース