日本最古とされる正藍冷染が最盛期

この記事をシェア

  • LINE
宮城2021.06.09 19:00

県の無形文化財に指定され日本最古とされる染色技法・正藍冷染の染め付け作業が栗原市の千葉正一さんの工房で最盛期を迎えた。染料は藍と灰を混ぜ発酵させたもの。発酵で色鮮やかに染まるが自然に発酵が進む初夏のこの時期が染め付け作業の最盛期になる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース