新型コロナ感染防止 子牛の初競り

この記事をシェア

  • LINE
宮城2021.01.12 19:22

宮城県美里町のみやぎ総合家畜市場で12日、新型コロナの感染防止対策を取りながら子牛の初競りが始まった。初日は生後10か月ほどの県内産黒毛和牛445頭が取り引きされた。コロナ禍の「巣ごもり消費」で子牛の値段は例年並みに回復しているという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース