鹿児島市・霧島市の飲食店従業員らにPCR検査

この記事をシェア

  • LINE
鹿児島2021.06.11 19:49

 県は、今月14日から、鹿児島市と霧島市の飲食店や児童施設で働く人たちを対象に、新型コロナのPCR検査を行う。
 県は11日、いまだ感染者の確認が続く鹿児島市と霧島市について、飲食店の従業員と児童施設の職員の希望者を対象に、今月14日から20日までの間、PCR検査を行うことを明らかにした。
 鹿児島市の会場はドルフィンポート跡地、霧島市の会場は国分シビックセンターの駐車場。検査方法は、ドライブスルーかウォークスルー方式で、唾液を採取して行う。2つの会場で1日1500人の検査ができるという。事前の予約は不要だが、県のホームページに掲載されている申込書に、必要事項を記入して持っていく必要がある。
 他にも、県外のスポーツ大会から帰ってきた小・中・高・大学生へのPCR検査も行う。今月14日から8月31日までに県外の大会に参加した学生と引率の職員が対象となる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース