焼け跡に1人の遺体“事件の可能性も”

この記事をシェア

  • LINE
鹿児島2021.06.11 19:53

 日置市11日朝、住宅などを全焼する火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかった。
 この家に住む親子2人と連絡が取れておらず、警察は遺体は2人のどちらかとみて、事件の可能性も視野に、残る1人の捜索を続けている。
 火事があったのは日置市東市来町湯田の住宅。
 警察と消防によると、11日午前5時過ぎ、近所の人から「炎と煙が見える」と消防に通報があった。
 火は約1時間半後に消し止められたが内野幸男さん(85)の木造平屋建ての住宅1棟と小屋が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかった。
 警察によると、内野さんは50代の息子と2人暮らしで、2人とも現在連絡が取れていないという。
 警察は、遺体は2人のどちらかとみて身元の確認を急いでいる。現場での捜索は12日も行われる予定だ。警察は事件の可能性も視野に残る1人を探している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース