環境アートフェスティバル開催

この記事をシェア

  • LINE
鹿児島2021.02.20 17:50

 芸術を通して環境問題に興味を持ってもらおうと、かごしま環境未来館でアートフェスティバルが開かれている。
 鹿児島市のかごしま環境未来館で20日から始まった環境アートフェスティバル。芸術を通して環境問題に興味を持ってもらおうと毎年、開かれている。
 壁に飾られたパンダやコアラの絵。実は、桜島の火山灰を使って描かれたもの。20日は火山灰アーティストによるライブパフォーマンスが行われた。他にも、オリジナルの缶バッチやペットボトルのキャップでスタンプを作るコーナーも。また、水素エネルギーについて学ぶ実験教室が開かれた。参加した女の子は「水素は未来の社会に役立つことがわかった」と興味を示していた。
 かごしま環境未来館事業課の小城裕史主任は「アートを通じて地球とどのように付き合っていくか考えるきっかけになれば」と話す。
 環境アートフェスティバルは21日まで開かれている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース