戦没者の孫世代 平和願い千羽鶴を広島へ送る 石川県・金沢市遺族連合会の青年部が企画

この記事をシェア

  • LINE
石川2021.02.19 12:21

戦没者の孫世代でつくる石川県の金沢市遺族連合会の青年部が、平和への願いを込めた千羽鶴を広島へ送った。

金沢市遺族連合会の青年部は、おととし秋に発足したものの、発足1年目は新型コロナウイルスの影響で、人が集まっての活動が難しく、思うように活動ができなかったという。

また、原爆の被災地である広島への訪問も予定していたが中止となり、代わりに平和への願いを込めた千羽鶴を送ることにした。

この千羽鶴の制作は青年部を中心に30人ほどで始まり、その家族や知人など多くの人に広がったという。

千羽鶴は広島市役所に送られたあと、平和記念公園で展示される予定だ。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース