石川県産コシヒカリ 新米の販売始まる 独特の「粘り」や「甘み」も十分

この記事をシェア

  • LINE
石川2021.09.11 12:18

石川県で収穫されたコシヒカリの新米が、一斉に店頭に並んだ。

ことしは味、品質ともに上々の出来だという。

11日から新米の販売が始まった県産のコシヒカリ。

白山市にあるスーパーでは、2キロから10キロの新米が店頭に積み上げられ、特売品として販売されている。

ことしは、春先の雨の影響で生育が心配されたが、7月に入って天候にも恵まれ、コシヒカリ独特の「粘り」や「甘み」も十分だという。

コシヒカリは県内で作られるコメの6割以上を占めており、担当者は、新米ならではの「つや」や「香り」を楽しんで欲しいと話していた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース