輪島市役所に新たな防災拠点 増築棟が完成

この記事をシェア

  • LINE
石川2021.04.30 19:43

石川県輪島市の新たな防災拠点としての機能を備えた輪島市役所の増築棟が完成し、30日、竣工式が行われた。

輪島市役所は耐震性能が現在の建築基準法を満たしていないため、おととし12月から今ある庁舎の耐震化工事に合わせて新たな防災拠点となる増築棟の建設が進められていた。

30日の竣工式で梶市長は「増築棟の完成により災害時の司令塔としての機能を高めることができた」とその役割に期待を寄せた。

国の名勝・白米千枚田と輪島塗をイメージした増築棟は地上3階建てで、浸水時の対策として2階に災害対策関連の部署を集め、自家発電機はこれまでの1階から3階に設置場所を変更した。

また、市民の利用が多い窓口を1階に集中させ、市民サービスの向上を図ったという。増築棟での業務は5月6日からだ。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース