石川県で営業時間の短縮要請 夜の様子は…

この記事をシェア

  • LINE
石川2021.04.29 20:05

石川県内では、28日から飲食店を対象とした営業時間短縮の要請期間が始まった。初日を迎えた夜の様子を取材した。

28日から始まった県内全域の飲食店を対象とした石川県による営業時間の短縮要請。期間は5月11日までで、営業時間を午後9時までとするほか、酒類の提供は午後8時までとしている。

初日の夜、金沢駅前の飲食店を訪れると。こちらの店では、通常より4時間以上早くラストオーダーに。その後、まもなく看板の照明を消し、閉店の準備に取り掛かっていた。

また、金沢市の片町地区では。時間は、午後8時。県内最大の繁華街は閑散としていた。

去年春の休業要請に続き、ことし2月にも時短要請があった片町地区。店の人は、「正直またかという思いと前回2回やってみて効果ががあったのかなという思いもある」と話していた。すでに発注を済ませた食材を使い切れるのか、不安もあるという。

一方、時短要請は輪島市内の居酒屋でも。予約客の電話対応を行っていた従業員は「仕方ないという部分が強い。ふらっと来られるような新規のお客さんが今後も激減すると思っている」と話していた。

5月11日まで続く、営業時間の短縮要請。飲食店の苦悩も続く。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース