石川県金沢市で木材の初市 取引は平年並み

この記事をシェア

  • LINE
石川2022.01.12 20:45

石川県金沢市で12日、木材の初市が開かれ、県産材が競り落とされた。

ことしの初市には、スギや能登ヒバなどおよそ2400本の木材が並び、県内外の製材業者が競り落としていた。

去年の初市で取引された木材は、大雪の影響で例年の6割ほどの量に落ち込んだが、ことしは例年並みだという。

また、近頃は、コロナ禍で自宅をリフォームする人が増えていることもあり、木材の需要は持ち直しつつあるという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース