商店街連盟が飲食店への対応を石川県に要望

この記事をシェア

  • LINE
石川2021.06.09 20:37

9日、金沢市商店街連盟の役員らが石川県庁を訪れ、新型コロナの影響で苦しむ飲食店への対応などについて谷本知事に要望書を提出した。

県庁を訪れたのは金沢市商店街連盟の役員たち。谷本知事に要望書を提出し、まん延防止措置が解除されたあとの方針を早く示すことや、感染対策を実施する飲食店については酒類の提供が可能であることを明確にするよう求めた。

これに対し谷本知事は、8日、政府から6月13日までの期限でまん延防止措置を解除する方針の連絡があったと説明。これに伴い時短要請の緩和や酒類の自粛の解除が可能になるとの認識を示した。

谷本知事は11日に開かれる県の対策本部会議でまん延防止措置解除後の対応を判断するとしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース