石川県金沢市の百貨店で「大九州展」始まる グルメやスイーツが一堂に

この記事をシェア

  • LINE
石川2021.01.14 19:15

九州のグルメや特産品を一堂に集めた「大九州展」が石川県金沢市内の百貨店で始まった。

石川県金沢市にある香林坊大和で14日から始まった「大九州展」。

福岡をはじめ、鹿児島や長崎など九州各県から47社が出展し、自慢のグルメやスイーツが並んだ。

さっそく人気を集めていたのは福岡県から出店したかさの家の「梅が枝餅」。香ばしさともちもちとした食感が特徴で、太宰府天満宮で大正時代から愛される一品だ。

ほかにも、熊本県から「くまモンの人形焼き」など、新たに7店舗が初出店している。

ただ、大雪の影響で商品が届かず、10店舗ほどが開店に間に合わなかった。

この大九州展は1月20日まで香林坊大和で開かれている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース