石川県 あすから大雪や吹雪に注意・警戒を 警報級の大雪となる恐れも

この記事をシェア

  • LINE
石川2022.01.11 21:41

日本付近は、12日から金曜日にかけて強い冬型の気圧配置となる見込みで、石川県内は、大雪や吹雪に注意・警戒が必要だ。

石川県内は次第に風が強くなり、12日に予想される最大瞬間風速は、加賀・能登の陸上、海上ともに30メートルの見込みだ。

非常に強い寒気も流れ込むため、12日から金曜日にかけて山地を中心に大雪となる見込みだ。

24時間に降る雪の量は、いずれも多い所で、12日夕方までに平地では加賀能登ともに10センチ、山地では加賀で50センチ、能登で20センチ。

13日夕方までには、平地では加賀能登ともに10センチから20センチ、その後、金曜日の夕方までには、平地で10センチから20センチの見込みだ。

気象台では、特に13日は警報級の大雪の恐れがあるとして今後の情報に注意するよう呼びかけている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース