石川県高校総体 男子サッカーは星稜が優勝 鵬学園はリベンジならず

この記事をシェア

  • LINE
石川2021.06.07 21:19

2年ぶりに開催された石川県の高校総体。7日は、男子サッカーの決勝が行われ、去年の冬の選手権と同じ顔合わせ、星稜と鵬学園が対戦した。

選手権では、星稜が5-0で勝利をおさめたこの対戦。試合が動いたのは、前半10分。6番戸川のクロスに、9番伊藤が頭で合わせ、星稜が先制に成功する。

追加点が欲しい星稜は、後半4分。10番岡田が、相手のミスを逃さず、冷静にゴールへ流し込み、リードを広げた。

一方の鵬学園も、チャンスを作り、星稜ゴールに迫るが、冬のリベンジとはならず、2-0で、星稜が、9年連続29回目の優勝を果たした。星稜は、8月14日から福井県で行われる、インターハイに出場する。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース