石川県公立高校入試 願書受け付け締め切り 全体の平均倍率は1.00倍に

この記事をシェア

  • LINE
石川2021.02.22 21:07

石川県内の全日制公立高校40校で22日、一般入試の願書受け付けが締め切られ、出願状況が発表された。

一般入試の出願は2月17日から始まり、22日までに6725人が出願した。

全体の平均倍率は1.00倍となっている。学校別で最も高いのが金沢桜丘の1.53倍、次いで金沢西の1.49倍、金沢二水の1.42倍となっている。

願書の取り下げや変更は2月26日から3月2日までで、試験は3月9日からの2日間に行われる。

また、受験生が新型コロナウイルスなどに感染した場合の救済措置として3月15日に追試を受けることができるという。

詳しい出願状況については、テレビ金沢のホームページ、または、テレ金ちゃんアプリから確認することができる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース