【新型コロナ 石川県】過去最多の39人 変異ウイルスの割合増える

この記事をシェア

  • LINE
石川2021.04.29 20:07

石川県は29日、新型コロナウイルスについて新たに39人が感染したと発表した。1日あたりの感染者としては、過去最多だ。

石川県は、29日午前10時までに確認した448件の検査で新たに39人の陽性が判明したと発表した。1日あたりの新規感染者としては4月24日の37人を上回り、過去最多だ。

内訳は、クラスター関係ではあわせて10人。濃厚接触者と接触者が15人、感染経路不明者が14人となっている。

そして、珠洲市では初の感染者が確認されている。感染経路が不明な60代男性で、4月中旬、仕事で県外を訪れたという。

また、県によるとことし3月までの検査では1.4パーセントだった変異ウイルスの割合が4月の4週間では74.5パーセントとなったことが分かった。

確認されたのは「N501Y」と呼ばれる変異株で、従来よりも感染力が強いとされている。県内で使用されている病床は355床中236床で重症病床は35床中14床と過去最多となっている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース