【新型コロナ石川県】新たに54人が陽性 このうち33人が感染経路不明

この記事をシェア

  • LINE
石川2022.01.13 19:24

石川県内でも新型コロナの感染が急激に拡大している。県は14日、新たに54人の陽性が確認されたと発表した。そのうち33人が感染経路不明となっている。

14日夕方、急きょ、会見を開いた谷本知事。881件の検査の結果、新たに54人の陽性が判明した。

県内の1日あたりの新規感染者数が50人以上となるのは64人だった去年9月1日以来、およそ4か月ぶりとなる。

54人の内訳は濃厚接触者または接触者が21人。残る33人は感染経路がわかっていない。また、症状別では2人が無症状、45人が軽症、7人が調査中だ。

こうした状況を受け、谷本知事はコロナ専用病床の運用数を14日から253床、今後1週間程度をめどに、306床に増やし、全県的な感染拡大に備える方針を示した。

さらに、北陸3県に拡大していた「県民旅行割」について、14日から1月末までの間、富山県民、福井県民からの新規予約を停止すると発表した。石川県民向けの予約は引き続き受け付けられる。

石川県内の感染状況を示すモニタリング指標は、3つの項目で数値が上昇しているが、いずれもレベル1相当で、総合的な判断もレベル1の「感染要注意」のままとなっている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース