石川県 県民にウイルスの抗体調査を実施 新規感染者は23人

この記事をシェア

  • LINE
石川2021.09.14 17:14

新型コロナウイルスについて、石川県内では14日、1095件の検査の結果、新たに23人の陽性が判明した。

内訳は、スポーツ活動関係のクラスターで1人、濃厚接触者や接触者が14人、感染経路不明者が8人だ。

年代別では0歳児が1人、10歳未満が9人など、幼い子どもが感染するケースが目立っている。

こうしたなか、14日に開かれた県議会で谷本知事は、県内でもワクチンの接種が進んでいることを受け、県民にコロナウイルスの抗体があるかどうかを調べる検査を実施する方針を示した。

時期は未定だが、調査の対象となるのは無作為に選ばれた県民、数千人規模。

県では科学的な検査の結果を踏まえより詳しい状況の把握につなげたいとしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース