石川県の短大生が加賀れんこんの魅力をPR 地産地消・販売促進へグッズも考案

この記事をシェア

  • LINE
石川2021.11.21 19:01

加賀野菜のひとつ「加賀れんこん」について学んでいる短大生が石川県金沢市で販売促進に向けたイベントを開き、魅力をPRした。

このイベントは金沢星稜大学女子短期大学部の手塚貴子准教授のゼミがJA金沢市や生産者と協力して実施したもの。

会場のJAほがらか村本店では、ゼミに所属する学生たちが自ら加賀れんこんの販売にあたった。

また、学生たちは加賀れんこんのイメージ向上に向けて考案したエコバックやマスクチェーンなどのグッズを購入してくれた人に手渡していた。

12月には東京にある県のアンテナショップでもこうした加賀れんこんの販売イベントを開くという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース