石川県12月補正予算案 コロナ対策費など盛り込む 一般会計で55億6500万円

この記事をシェア

  • LINE
石川2021.11.19 12:30

石川県の12月補正予算案が19日、議会に内示された。新型コロナウイルス対策費や地域経済の需要喚起に向けた費用が盛り込まれている。

県の12月補正予算案は、一般会計で55億6500万円。今年度の当初予算からの累計は、6829億円あまりとなっている。

主な事業としては新型コロナの専門家会議の提言を踏まえた今後の感染拡大への備えや打撃を受けた地域経済の正常化に向けた費用などが盛り込まれている。

12月補正予算案は11月29日から始まる県議会に提出される。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース