石川県・各地で気温上昇 金沢などで真夏日 熱中症に注意

この記事をシェア

  • LINE
石川2021.06.10 12:42

10日、石川県内は午前から気温がぐんぐんと上がり、金沢などでは最高気温が30℃以上の真夏日となっている。この後も気温はさらに上昇する見込みで熱中症への対策が必要だ。

高気圧に覆われた10日の石川県内。午前から気温が上昇し汗ばむ陽気となった。

午前11時までの最高気温は羽咋で30.4℃、金沢では30℃と真夏日に。また、そのほか多くの地点で25℃以上の夏日となっている。

また、石川県では、熱中症予防に心がけるよう呼びかけている。具体的な対策としてはこまめな水分や塩分の補給、エアコンや扇風機を使っての温度調整など。

また、外出の際は日傘や帽子を活用し、マスクについては屋外で人と十分な距離が確保できる場合は外してほしいとしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース