石川県中能登町の町長選挙に3人目の候補が 新人3氏が争う構図に…

この記事をシェア

  • LINE
石川2021.01.14 19:22

新人同士による選挙戦がほぼ確実な情勢となっている3月の石川県・中能登町長選挙に、14日、さらに新人1人が名乗りを上げた。これで、3人が争う構図となる見通しだ。

14日、出馬会見を開いたのは中能登町議の尾田良一氏(68)だ。4年前の町議補選で初当選し、現在2期目となる。

会見では教育や福祉の充実や、風通しのいい政治など町政の刷新を訴えた。

中能登町長選をめぐっては、現職の杉本栄蔵町長が引退を表明し、その後継として副町長の廣瀬康雄氏が出馬を表明。

そのほか、町議会議員の林真弥氏もすでに出馬を表明しており、これで新人3人が争う構図となる。

中能登町の町長選挙は3月16日に告示され、21日に投開票が行われる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース