石川県加賀市 ポルトガル選手団が事前合宿 台湾は中止に 合宿中は毎日PCR検査

この記事をシェア

  • LINE
石川2021.06.11 21:33

東京オリンピックに向けた石川県内での事前合宿について、加賀市はポルトガルの選手団の受け入れを実施すると発表した。一方で、台湾の選手団の合宿は中止となった。

石川県加賀市が事前合宿で受け入れるのは、柔道とテコンドーのポルトガル代表選手2人と、そのコーチとトレーニングパートナーの合わせて6人だ。

事前合宿は7月14日から20日まで加賀市武道館で行われる予定。加賀市によると感染防止対策として合宿期間中の選手団の移動は、宿泊場所と練習場所の往復のみとし、毎日、PCR検査が行われるという。

一方で、同じく合宿を予定していた台湾の空手道選手団は、台湾での新型コロナ感染状況が悪化していることから、事前合宿を取りやめたという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース