石川県輪島市 男性が架空料金請求詐欺被害 計160万円分をだまし取られる

この記事をシェア

  • LINE
石川2022.01.15 12:18

石川県輪島市でインターネットの閲覧をしていた80代の男性が電子マネー160万円分をだまし取られていたことがわかった。

架空料金請求詐欺の被害にあったのは輪島市内に住む80代の男性だ。

警察によると、男性は去年11月にスマートフォンで見ていたウェブサイト上に「会員登録した」などという画面が表示されたため、電話で退会手続きを申し入れた。

その際、マツヤマと名乗る男から「退会手続きには60万円が必要だが、支払い後、58万円を返す」と言われ電子マネー60万円分を購入し、利用に必要な番号を伝えた。

その後も、同じ男から別のサイトの退会にもお金が必要と言われ、4回にわたって合計160万円分をだまし取られた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース