【新型コロナ石川県】1日死亡 4人が陽性 加賀市では歯科医師がワクチン接種の研修会

この記事をシェア

  • LINE
石川2021.06.09 20:38

新型コロナウイルスについて石川県は1人が死亡したほか、新たに4人の感染が確認されたと発表した。1日あたりの感染者がひと桁となるのは3日連続だ。

死亡が確認されたのは感染が確認され、治療中だった1人だ。また、9日午前10時までに確認された1547件の検査の結果、4人が陽性と判定された。

内訳は、クラスターとなっている福祉施設で1人濃厚接触者が2人、感染経路不明者は1人となっている。1日あたりの感染者の数がひと桁となるのは3日連続だ。

感染状況が徐々に改善されるなか、県内では、ワクチン接種に向けた動きも進んでいる。

8日夜、加賀市では、ワクチン接種に向けた研修会が行われていた。

地元の歯科医師たちが研修を受けていたのは普段とは違う「腕への筋肉注射」。模型をあてた腕に針を刺し角度や深さなどを確認していた。

県内で初となる歯科医師への接種の協力要請。加賀市では7月以降、集団接種の会場が4か所から7か所となる予定で、打ち手を増やし、接種を加速させるのが狙いだ。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース