自民党石川県連 次期会長に馳衆議院議員 定期大会で正式に選出

この記事をシェア

  • LINE
石川2021.04.08 13:40

自民党石川県連の次期会長に馳浩衆議院議員が就くことが内定した。

衆議院選挙や来年春の知事選対応といった重要な局面を迎える次の県連会長。

会長人事を巡っては、7日に県連役員が都内で国会議員と懇談し「人選を一任する」と説明した。

その上で現会長の山田修路参議院議員が馳浩衆議院議員を推すことを提案。

ことし秋までに衆院選が見込まれることから参議院議員である山田氏の続投を求める声が上がったものの、議員経験がもっとも長い馳氏の就任でまとまったという。

会長は4月24日に開かれる定期大会で正式に選出される見通しだ。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース