石川県内7つの地点で真夏日 熱中症に注意 あすも30℃近くに

この記事をシェア

  • LINE
石川2021.06.10 19:34

10日の石川県内は、高気圧に覆われて気温が上がり、金沢など7つの地点で30℃以上の真夏日となった。11日も気温が高い状態が続く見込みで、気象台では熱中症に注意を呼び掛けている。

朝からぐんぐん気温が上がった10日の県内。高気圧に覆われ、南寄りの暖かい空気が入った影響で各地で昼過ぎにかけて気温が上昇した。

午後になっても、暑さは続き、最高気温は、各地で30℃以上となり、加賀菅谷で32.3℃、金沢で31.4℃など11地点のうち7か所で真夏日となった。

また、消防によると、県内では、10日、8人が熱中症の疑いで搬送されている。

気象台によると、金沢、輪島ともに11日も30℃近くまで上がる予想になっていて、引き続き、熱中症に注意するよう呼びかけている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース