家具インテリア「匠大塚」日本海側初出店 石川県金沢市の百貨店にオープン 出店の理由は?

この記事をシェア

  • LINE
石川2021.05.01 17:59

石川県金沢市の百貨店に、家具インテリアの専門店「匠大塚」がオープンした。

日本海側では初の出店となる。

金沢市の香林坊大和にオープンしたのは、主に高級家具を扱う「匠大塚」だ。

店内には、埼玉県の春日部本店にある2万点の家具から、金沢の出店に合わせて厳選したおよそ200点を展示販売している。

価格帯は20万円台から300万円近くまでと幅広く、中には、北陸新幹線の車両を手掛けた工業デザイナー奥山清行氏のデザインしたソファーなども並んでいる。

金沢は、モノづくりにおける国内外への発信力・影響力が高い街であることなどから今回、出店を決めたという。

また、香林坊大和は、「コロナ禍で家ナカ需要が高まる中、大きな武器になる」と、集客効果に期待を寄せている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース