【山口】10月末までに希望者にワクチン接種を

この記事をシェア

  • LINE
山口2021.06.08 18:50

新型コロナウイルスのワクチン接種について山口県と19市町のトップは8日、希望するすべての人への接種を「10月末まで」に完了することを確認した。また県内共通の接種の優先順位として警察や教職員に加え12歳以上の小中高生などが対象に含まれた。
これは村岡知事をはじめ自治体のトップが出席した会議で示されたもの。会議ではワクチンを希望する県民への接種について県は概ね10月末までを目処に接種を完了する目標を示した。また、高齢者や基礎疾患に次ぐ県共通の優先順位として警察や消防、教職員に加え12歳以上の小中高生などを対象とすると説明した。会議では、子どもへの接種については保護者の意向を踏まえ慎重に検討したいという一部意見もあったが県として一丸となってワクチン接種を加速していくことを確認した。優先順位の対象となった12歳以上の児童や生徒については今後、それぞれの自治体の状況に応じて学校などを会場として接種が行われる見込み。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース