【山口】新型コロナウイルス山口県内15人の感染を発表

この記事をシェア

  • LINE
山口2021.06.09 16:58

新型コロナウイルス、山口県内では15人の感染が発表された。このうちこれまでのクラスター関係は6人。
感染が確認されたのは10代から80代までの男女15人。宇部市が8人、山口市が4人、下関市が2人、長門市が1人。このうち宇部市の60代から80代の男女5人はクラスターと認定された通所介護施設の利用者と家族。この施設のクラスターは17人となった。また、長門市の20代男性会社員はこれまでクラスターと認定された社員寮の入寮者で感染の規模は16人となった。このほか、感染ルートが特定されていない人が6人、これまでの感染者の濃厚接触者などが3人。モニタリング指標では病床使用率が34・5%でステージ3のままとなっている。県内での感染はのべ3034人で重症は3人、中等症は80人。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース