【山口】航空自衛隊防府南基地・大麻使用で隊員を懲戒免職

この記事をシェア

  • LINE
山口2021.11.24 17:04

山口県防府市の航空自衛隊防府南基地に所属する20歳の男性隊員が大麻を使用したなどとして懲戒免職処分を受けた。
免職懲戒処分を受けたのは航空自衛隊防府南基地航空教育隊に所属する20歳の男性1等空士。防府南基地によると1等空士はことし5月、県外の実家に帰省中、知人数人とバーベキューを行い、その場で参加者と一緒に大麻を使用したという。1等空士は使用後に大麻であると教えられたという。6月になって、この1等空士が同僚の隊員に「一緒に大麻を吸わないか」と話を持ちかけ、話を持ちかけられた隊員が航空警務隊に相談したことで発覚した。また、1等空士は去年9月ごろから11月ごろにかけ同僚隊員に対し肩を殴るなどの暴行も加えていたという。防府南基地では「本事案を真摯に受け止め服務規律の維持・徹底と再発防止に努めていく」としている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース