【山口】「活字に親しんで」読売新聞が児童向けの新聞を贈る

この記事をシェア

  • LINE
山口2021.11.25 17:22

活字に親しみを持ち、学習に役立ててもらおうと、読売新聞が山口県岩国市の小学生に児童向けの新聞を贈った。
25日は読売新聞西部本社の柳原正和岩国支局長らが高森小学校を訪れ、「読売KODOMO新聞」を贈った。読売新聞が発行する小学生向けの「読売KODOMO新聞」は、ニュースや社会の仕組みをオールカラーで、わかりやすく解説している。読売新聞は去年、岩国市と地域活性化に向けた包括連携協定を結んでいて、児童の学習に役立ててもらおうと、市内全ての小学校に新聞を贈ることになった。今回、贈られる新聞は約3400部で、市内の小学4年生から6年生の児童に配られる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース