【山口】下関で女子生徒1人の感染確認

この記事をシェア

  • LINE
山口2021.02.23 19:31

 山口県内では23日、新たに一人が新型コロナウイルス感染が発表された。下関市の10代の女子高校生で生徒が通う高校は24、25日と臨時休校の措置がとられる。
 新たに感染が確認されたのは、下関市の10代の女子高校生。女子生徒は、今月18日の夜に鼻づまりの症状が出て、22日の検査で感染が分かった。生徒は、市内の県立高校に通っていて、最後に登校したのは、今月18日、下関市では、同じクラスの生徒およそ40人に対してPCR検査を行う予定。また、生徒が通っていた学校は、24日、25日と臨時休校の措置がとられる。濃厚接触者である同居の家族は、すでに陰性が確認されている。
下関市で感染が発表されるのは、今月16日以来で、これで県内での感染確認はのべ1370人となった。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース