【山口】災害に備え引き渡し訓練

この記事をシェア

  • LINE
山口2021.06.09 18:12

山口県下松市の小学校では災害などが発生したときに児童を速やかに保護者に引き渡せるよう訓練が行われた。
下松市の公集小学校では大規模な災害や不審者事案が発生したときに児童を保護者に確実に引き渡せるよう毎年訓練を行っている。9日は午後2時前、引き取りのお願いメールを一斉配信。保護者が一斉に来校して密になるのを防ぐため1、2年生の保護者のみが対象となった。メールの送信から約30分でほとんどの児童が保護者に引き渡されていた。公集小学校ではメールを配信するシステムに登録していない保護者には電話で対応するという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース