【山口】赤米の田植え

この記事をシェア

  • LINE
山口2021.06.09 18:11

弥生時代の生活を学ぼうと山口県下関市豊北町の子どもたちが古代のお米・赤米の田植えをした。
9日は豊北小学校の5年生41人が土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアムの田んぼで赤米の田植えをした。土井ヶ浜遺跡は、弥生時代の人の骨が多数見つかったことで知られていてこの赤米の田植え体験は地元の子どもたちがふるさとの歴史を知るきっかけになればと28年前から毎年行われている。去年はウンカの飛来や日照不足などの影響で収穫出来た赤米は例年の6分の1程度の約10キロしかなかったという。児童は10月末ごろに稲刈りをすることになっている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース