【山口】先帝祭 規模を縮小して上臈参拝 太夫が外八文字を披露

この記事をシェア

  • LINE
山口2021.05.03 20:00

 ゴールデンウィーク中盤、下関市で壇ノ浦の合戦で亡くなった安徳帝を偲ぶ先帝祭が行われた。新型コロナウイルスの影響で去年は中止された上臈参拝が、ことしは規模を縮小して行われた。

 壇ノ浦の合戦で幼くして亡くなった安徳帝を祀る、下関市の赤間神宮。ことしは去年中止された先帝祭の上臈参拝が行われ、拝殿で太夫が外八文字を披露した。
 新型コロナウイルスの影響で、太夫などが市内を練り歩く上臈道中や、境内に設置された朱色の橋を渡る天橋渡りはことしも中止された。また太夫は通常5人だが、ことしは2人。上臈参拝も人数を減らし規模を縮小して行われた。また、壇ノ浦の合戦を再現する源平船合戦は今年も中止された。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース