【山口】新型コロナ 新たに11人の感染確認(30日)

この記事をシェア

  • LINE
山口2021.04.30 19:13

 山口県内で新たに11人が新型コロナウイルスに感染したと発表された。これで4月の感染者数は416人となり、1月の648人に次ぐ多さとなった。

 感染が確認されたのは10代から80代のまでの男女11人。防府市が6人、山口市が2人、宇部市・下松市・岩国市がそれぞれ1人となっている。
 このうち防府市の10代の男性4人は、市内の同じ学校の同じ寮で暮らす生徒だ。29日までに感染が発表された10代の5人の男女も同じ学校の生徒で、寮や部活動で関わりがあり、県は感染者の規模が9人となったことから県内28例目のクラスターと認定した。このほか、4人は同居あるいは別居の家族の濃厚接触者で、2人は防府市内の施設の入居者と職員だ。
 山口県内では4月17日から2週間で10例のクラスターが相次いで発生し、今月の感染者数は416人にのぼった。1月の648人に次ぐ感染者数となり、3月の36人の11.5倍と大幅に増えた。県内での感染確認はこれでのべ1834人となった。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース