【山口】観光業の本格的な復興に向け県が支援策24億円を含む補正予算案を発表

この記事をシェア

  • LINE
山口2021.11.24 12:11

新型コロナで打撃を受けた観光業の本格的な復興に向けた支援策24億円を含む県の補正予算案が発表された。
県議会の議会運営委員会で県が示した。新型コロナ関連では総額63億円が計上され、このうち24億円が観光振興支援パッケージとなっている。12月末までが期限だった旅々やまぐち県民割を継続し、5000円を上限に宿泊料金や旅行商品の半額を助成するほか、額面5000円の宿泊券を3割引きの3500円で、30万枚を中国・四国・九州地方を対象に抽選で販売する。また県内経済の下支えとしておよそ31億6500万円が計上され、感染防止対策を県が認証した飲食店への応援金の支給や、売上の減少が大きい中小事業者に対する支援金の支給なども盛り込んでいる。11月県議会は11月30日に開会し、12月6日に代表質問、7日から一般質問を行い17日に閉会する。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース