【山口】「こどもの日」を前に子どもたちにお菓子のプレゼント

この記事をシェア

  • LINE
山口2021.04.30 19:38

 「こどもの日」を前に、長門市の子どもたちに地元のお菓子がプレゼントされた。

 お菓子を贈ったのは長門市の深川養鶏農業協同組合。新型コロナウイルス対策のため、深川幼稚園と深川養鶏の本部をオンラインで繋いで贈呈式が行われた。贈られたのは鶏卵塩せんべいや、夏みかんの皮を使ったマドレーヌなどの詰め合わせだ。
(深川養鶏農業協同組合・末永明典組合長)「コロナにかからないよう、手洗いとうがいをしっかりして、ご家族の方と一緒に楽しく食べていただければと思う。」
 深川養鶏は、子どもたちにふるさとを愛する心を育んでもらいたいと、今回初めてお菓子を贈った。
(深川養鶏農業協同組合・末永明典組合長)「子どもは宝。地域に根付いた会社として、笑顔のある家庭を作っていただければと思い企画した。来年も続けてやろうと思う。」
 お菓子はおよそ900個用意され、市内すべての保育園・幼稚園に贈られた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース