宇部市制施行100周年で1000万円を寄付

この記事をシェア

  • LINE
山口2021.01.14 12:34

大手総合化学メーカー宇部興産がことし市制施行100周年を迎える山口県宇部市に1000万円を寄付した。
14日は、宇部興産の岡田徳久専務と野嶋正彦常務らが宇部市役所を訪れ篠﨑市長に寄付金1000万円の目録を手渡した。宇部市は去年3月、市制施行100周年記念基金を設置し企業などから支援を募っている。宇部興産は124年前、宇部で石炭を採掘する沖ノ山炭鉱組合として創業した。宇部興産では市制100周年を市民と祝い、今後の市政や地域の発展に役立ててもらおうと寄付したという。市では100周年記念事業や現在、建設中の新庁舎に飾る美術品の購入などに活用するとしている。基金には今回も含め企業や個人から合わせて約1120万円が寄せられている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース