【山口】春夏2冠 徳山商工ハンドボール部が優勝報告

この記事をシェア

  • LINE
山口2021.10.13 14:10

 夏のインターハイで初優勝し、春夏2冠を達成した徳山商工ハンドボール部が12日、周南市役所を訪れ藤井市長に優勝を報告した。
 周南市役所を訪れたのは、徳山商工男子ハンドボール部の選手やマネージャーら17人。徳山商工男子ハンドボール部は8月、インターハイに初出場し初優勝。ことし3月に開催された春の全国高校選抜大会でも初出場・初優勝を果たしていて、春夏2冠を達成している。
「自分の得意とする走りで得点をすることができて、チームに貢献できたので、とてもよかった。」
「このチームで最後にできる試合を優勝できて、とてもうれしかった。」
「僕たちのチームっていうのは個人技が強く、お互いを高め合う機会がけっこうあった。練習試合しなくてもみんなで高め合えたようなチームだったんで、それが勝ちに繋がったのかなと思う。」
 国体が中止となり3冠は叶わなかったが、藤井市長は「これから3年生はそれぞれの道に進むと思うが、これまでの経験を活かして頑張ってほしい.」と選手を激励していた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース