【山口】FCバレイン下関 天皇杯での活躍を誓う

この記事をシェア

  • LINE
山口2021.04.30 19:29

 サッカー天皇杯の山口県代表となった下関市の社会人チーム・FCバレイン下関の選手などが市役所を訪れ、前田市長に全国大会での活躍を誓った。

 下関市役所を訪れたのは、社会人チーム・バレイン下関の福原康太代表や田原伊織キャプテンなど4人。バレイン下関は、4月18日に行われた天皇杯の山口県代表を決める県サッカー選手権の決勝戦で徳山大学を2対0で破り、2年連続2回目の天皇杯出場を決め た。5月22日の1回戦の相手は、岡山県代表で同じ中国リーグに所属するライバル・三菱自動車水島。この試合に勝つと2回戦でJ1の名古屋グランパスと対戦する。下関市の前田市長は「1回戦を突破して、名古屋グランパスと対戦するのを楽しみにしている。」とエールをおくっていた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース