【山口】岩国基地滑走路閉鎖・原因はFA-18のパンク

この記事をシェア

  • LINE
山口2021.06.10 13:24

9日夕方、山口県の米軍岩国基地のFA18戦闘攻撃機がタイヤのパンクにより滑走路上で動けなくなり、滑走路が約2時間にわたり閉鎖された。東京から岩国に向かっていた全日空便が広島に行き先を変更するなど、約80人に影響が出た。
米軍岩国基地によると、9日午後6時ごろ、基地に所属するFA18戦闘攻撃機1機が着陸した際にタイヤがパンクし、滑走路上で動けなくなったという。米軍は安全対策として滑走路を閉鎖し、国土交通省によると閉鎖は午後8時ごろに解除された。滑走路閉鎖により、東京・羽田空港から岩国空港に向かっていた全日空便が行き先を広島空港に変更したほか、午後7時45分に岩国を出発する予定だった羽田行きの便は約2時間遅れて午後9時半過ぎに岩国を離陸した。あわせて約80人の乗客に影響が出た。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース